トップオブ・ザ・市役所

20110720.png
ようやく本会議ネタです。
本会議を行う本会議場は、市長をはじめとする執行部と議員が向かい合って座ります。前回「二元代表制(にげんだいひょうせい)」なる制度のことについてちょっと触れましたが、この二元の片方が市長(執行部)で、もう一方が議員という訳です。
市長と議会はお互いに牽制し合って物事を推し進めるため議場の座席も向かい合う形を取るようです。
そして、局長。局長は市役所職員の中の一番エライ役職です。市役所入って野心のある新人が「局長にオレはなる!!」て言ったり言わなかったりする局長です。
ちなみに私が以前会社員時代に市役所の仕事をした際の感覚ですが、市役所の役職は一般企業の役職よりも一つ上の感覚でした。市役所の係長は一般企業の課長、課長は一般企業の部長、部長は一般企業の本部長や執行役員くらい。で局長は専務とか常務とかそんな感じでしょうか、当時局長は雲の上のエライ人で直接会う機会は全くありませんでした。しかし、議会ではその局長が何十人も一同に会しているわけで不思議なものだとしみじみ。
それにしても、最近、描きたい題材があっても画力が追い付かず。ちなみに人の顔を似せて描くことについては全く諦めています。というか似せる気ゼロです。
「似ていない」とか「格好良くない」とかたまに苦情が来ますが、ムリなものは無理ですからっ!!
20110720-2.png