色でセルフプロデュース

20161014%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e2%91%a0

20161014%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e2%91%a1

女性議員の中には、いつも派手な色のスーツを着ている方や、中にはいつも同じ色を着ているがいらっしゃいます。これは何故かと言うと、自分を印象つけるためです。
この点について、以前ちょこっと描いたことがあります。色々その① 色々その②

さて、女性議員と同じように男性議員が真っ赤や真っ青のスーツを着たらどうなるでしょうか?
なんだか、お笑い芸人みたいになってしまうに違いありません。
さて、そうすると男性議員は色によるセルフプロデュースは出来ないのでしょうか?
スーツが駄目ならネクタイがあるじゃない。
ネクタイならば、目立つ色を着用してもおかしくはありません。
しかし、真っ赤や真っ青のネクタイって、意外と目立たないのですよね。
ビジネスパーソンも良く着用していますし。
個人的に色々シミュレーションした結果、オレンジ色か黄緑色が目立って良いという結論に達しました。
また、ネクタイならばいつも同じ柄を着用する、というのもあると思います。大きな水玉か縞柄がおすすめ?!
もしかしたら既にネクタイ柄がいつも同じ、という議員さんも居るかも知れませんね。

20161014%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e2%91%a2

川崎市議会議員
小田理恵子