参議院議員選挙に行こう!【選挙の裏側ちょこっと見せます(終)】

201607参議院議員選挙index

本日は参議院議員選挙の投票日です。
選挙期間は長いようで、過ぎてしまえばあっという間でもありました。
現在までのところ投票率は前回より伸び悩んでいるようです。
皆様、是非周囲の方に投票所へ足を運ぶように声掛けをしてくださいませんか。

私が地方議会議員となったのは、行政改革を進めたかったからです。
しかし、実際はそれどころではありませんでした。
政治の課題があまりにかった大きったかからです。
政治家が一部の人間の代弁者と化している現状に驚き、恐怖し、絶望しました。今は諦観の念すらあります。

その原因の一端は、投票率にあります。
政治家は有権者からの票を受け、その代弁者として議会に送り出されます。選挙というプロセスの中で、直接接する有権者たちの想いが政治家の深い部分へと刷り込まれます。
政治家は、顔の見える人々や、顔は見えなくても投票をしてくれたであろう人々の意志を背負っているわけです。

では投票をしない人達は?というと、もちろん無視するわけではありません。マクロな視点で若者の雇用や子育てなどに取り組んでいます。
でも、投票しない若い世代は、顔は見えないし統計データから票も受けていないと判断できるため、政治家が今一つ自分ごとと捉えることが出来ないでいるのだと感じます。
そうなると「若者対策に政治生命を賭ける」という政治家もなかなか出てこないのではないかと思うのです。

だから、投票に行きましょう。10代、20代の投票率が40%、50%と上がっていくたびに、若者に注目する政治家が増えてきます。
今、誰を選ぶかは重要なことですが、少し長い目で見た場合「多くの若者世代が投票した」という事実が政治家を変えていくのです。
どうか、今日の選挙、投票所へ足を運んでください。
未来はみなさんの手の中にあるのです。

という事で、皆さんに選挙に行くと幸せな夢が見れる呪いをかけて、今まで勝手に続けた選挙啓発漫画をお終いにします。ありがとうございました。
選挙を楽しもう。そして、政治も楽しくありますように!

呪い

川崎市議会議員
小田理恵子