大福すぎる議員

daifuku

日本政策学校が「政治をもっと身近に、おもしろく」という志の元立ち上げたサイトPatriots http://patriots-jspm.com/

企画者の谷隼太さんとお話しました。谷さんの熱い話から今の政治状況に危機感を持っており、メディアでは取り上げられないイノベーターたちの地道な活動や考え方を通じて若い方たちに政治の本質を知ってもらいたいという想いが伝わってきました。

・・ので、大福も喜んでインタビューに協力しました
大福の記事はこちら http://patriots-jspm.com/job/job_cat2/201606169.html

この時期、オダリエ史上、最も体重が重かった時期です。後世の歴史家はこの時代を「大福時代(Daifuku period)」と名付ける・・・に違いない。

それはともかく、私がこの世界に入って感じていることの一つは、【政治家になる人/なれる人のタイプは偏っている】という事。
多様な考え方、多様なバックグラウンド、多様な性格の人間が政治の世界で対話を繰り返すことで、この国はもっと良くなると信じています。

そのためにも私は、議員になった時の感覚を忘れないこと、そしてその感覚を元に今の政治状況を広く伝えていきたいと考えているのです。

※良ければシェアお願いします!!

川崎市議会議員
小田理恵子