遺憾の意

senkyo

非常に遺憾です。
残念です。悲しいです。

川崎市議会では、6月議会の一般質問の一人当たり持ち時間を30分から20分に短縮し、議会日程を1日削ることになりました。
昨日の議会運営委員会にて自民・公明・民主みらい・共産の4会派すべてが賛成して決したものです。
参議院議員選挙の初日(告示日)が市議会最終日と重なるため、選挙を優先して議会日程を削ったのです。
国政選挙があるからと、市議会の質問時間を削るという行為がまかり通ることが悲しい。質問時間を3割削るということは、行政に対し、市民要望や課題提起を行う機会を自ら狭めるという行為に他なりません。
しかしこれも市民から負託を得て当選した議員のうち多数が決めたことです。従うほかありません。
川崎市民の皆さんは、これをどう思うんだろうか。。

川崎市議会議員
小田理恵子