TPOってあるよね(その2)

20150207-2

(その1)のつづきです。
(その1)で説明したとおり、政治家のポスターは無償で貼ってもらう必要がありますし、組織の無い議員などは自分で一軒ずつ訪問して頼んでまわります。
ポスターを貼って貰える場所を探すのも一苦労なわけです。

ところで、皆さん、街角でポスターが何枚も貼られまくった家などを見たことありませんか?
自民党・民主党・公明党・維新の党・共産党etcetc・・・「この家のイデオロギーはどうなっとるんじゃ?」と思った方もいるかも知れません。
あれ、基本的に【ポスター掲示を断らない、いいひと】の家がそうなっているだけなんです。

といいますのも、先述したとおり、ポスターを掲示してもらえる場所を探すのは大変苦労します。
そこで何でも貼ってある家は「断らない家」という事が見てわかりますから、貼っていない他の政党・議員も後から後からこぞってお願いに行くのです。結果、選挙区内のすべての政党やら議員やらのポスターが貼られることになるのです。
その景観たるや、カオスです。
(つづく)

川崎市議会議員
小田りえ子