年中行事っていいよね

20150204.png
2月3日と言えば、節分。節分と言えば豆まきですよね。
全国各地の神社やお寺で節分の行事が行われます。私たち地方議員も地元の寺社の豆まきに参加させてもらったりします。
私も地元の神社の豆まきに呼んでもらっておりまして、毎年参加しております。
そこは豆と一緒にお菓子をまくので、豆まきが始まるころには近所の子供たちを中心に多くの人出があります。さて、いざ豆まき(お菓子撒き?)が始まると、それは大騒ぎです。
なるべく子供の居る方向を狙って投げるようにしていますが、投げつけると危ないので調整が難しいんですけどね。
豆まきのあと、子ども達はお菓子を沢山ゲットしてとっても嬉しそう。こういうのってきっと楽しい思い出になりますよね。
さて、この豆まきで、私、衝撃的な体験をしました。
豆まきなので、当然豆もまくのですが、ある若い男性の方向に豆を撒いたら、なんと豆だけ「ぱーん」と叩き落とされました!!『豆はいいからお菓子を撒け~~』というプレッシャーを感じましたとも(笑)
なかなかのレア体験だったのでつい漫画に描いちゃいました。
でも当日はたくさんの子供たちに喜んで貰えて笑顔を見ることができたので、とってもハッピーです。
節分って、立春の前の日の事で、冬から春への変わり目を指しますが、本来は春夏秋冬(立春・立夏・立秋・立冬)それぞれの変わり目が節分だったんですって。
日本の季節ごとの年中行事って素敵だと思いませんか?
川崎市議会議員
小田りえ子