ハコモノ行政(その2)

20150202.png
(その1)の続きです。
http://odarie2.seesaa.net/article/413343638.html
建築費が高騰している今、無理して公共建築物を作らないほうが良いと思うのですが、実際には逆の動きがあります。
東京オリンピックがあるからあれを整備しないと、とかこの事業を始めないと、とか競技に関係ない建築話でもちきりです。
東京オリンピックがあるから、それまでに新しく市役所を建てなおそう」という市までありました。
何でもオリンピックで訪れる外国の方々をお迎えするのには新しい市庁舎でないと!という事らしいです。しかも、そこ、東京都じゃないのに。。。
多分、オリンピックはあくまで口実で、公共工事を行う理由が欲しいだけなんだと思いますよ。
6年後にオリンピックが来るからそれを口実にしているだかで、もっともらしい理由があれば何でもいいのだと思います。
例えば、ある市などは「リニアが通るから市庁舎を建てなおそう」と言っていたりするのですが、ここまでくると無理やり過ぎてちょっと苦しい気がします。
どうしてそこまでしてハコもの作りたがるのか、私にはさっぱり分りません。
しかも、コストが一番高い時期にですよ?
(つづく)
川崎市議会議員
小田りえ子